47opt

47-in1私は20年間で1700店舗以上に関わって売上を上げる仕事をして来ましたが私のやり方で全く反応がなかった。つまり売上の上がらなかった店舗は3店舗ほどでした。

なので99%以上の確率で売上が上がります。

同時に大きく売上を上げる店舗も数多くありました。

不思議かも知れませんが集客は殆どの現場では行っていません。

また、「誰が売上を上げるか?」と言えば多くの場合、店舗で働くアルバイトやスタッフの方です。

こんなメールが私に届きます。

「以前働いていた店を辞めて、新しい店でバイトをして小野さんに教えてもらったやり方で仕事していたら売上がどんどん増える。そんな事もあって入店3ケ月でアルバイトリーダーになりました!」

「店長として忠実に教わった事をアルバイトに教えたら2ケ月で月商500万円だった店も700万円を超えました。女性の私でも上げられました。」

「僕って会った時、年収二桁万円だったですよね!今は6店舗を持つ経営者になりましたよ!」

そんな事もあって殆どの方が出来ると思っています。

72歳の女性に教えました。その店のランチは1日数名しか入店しませんでした。彼女の活躍で50名以上来店する繁盛店にした事もありました。

 

m-op2

多くの経営者は「売上の上げ方」を勉強したり、実践したりします。例えば「接客を良くしたら売上が上がる」「売価を下げたら売上が上がる」「集客すれば売上は上がる」「売れる商品開発」「技術をあげる」「ブランディングをする」他にもまだまだあります。

確かに “短期間上げる方法” は沢山あります。

上記の方法は私も数多く試してみました。

やった事がある人であれば分かると思いますが…

大変な割には効果がない。

多くの日本に現存する店舗を経営する経営者って上記の事を必死にやっています。コンサルタントや専門家も同じような事を教えています。

私がこの仕事をはじめた20年前から見ると、まもなく飲食店は半分の店舗数になりそうです。物凄く残念です。この店舗を取り巻く最悪の環境は続きます。

なので、ここまで読んで頂いた方には重要なお話をしておきますね!

「売上の上げ方を覚えるなら売り方を覚えた方が売上は大きく上がる」

なぜこんな事が言えるか?

実は検証したから分かるんです。

私も店舗で働いた人間なんです。店長時代に上記のような「売上を上げる手法?」を同じように行えば売上が上がると思っていました。

そして、誰よりも頑張りました。

結果、「店で働く人間」が数多く辞めて行きました。

客数も増えないのに負荷ばかりかけられたら誰でも辞めます。

飲食店経営に関わって28年間、どうしたら「店舗の売上が上がる」か検証しています。もう何万店舗も検証(ストアコンパリゾン)しました。そして実際に何千店舗ものコンサルや経営サポートして体感もしました。

「飲食店、店舗の経営って数字によって経営している人、働いているスタッフの人生変わりますよね?」

だから、教えたいって思ったんです!

勿論、経営体ってコンサルや経営サポートしないと数字好転出来ない案件もあります。ただ、経営体によっては小野のメールのアドバイスだけで何%も収益や売上が増える店舗もあります。

なので、私の「売り方」の話を聞きたい方がいればメールマガジンを書いてみようと思ったんです。

飲食店の売上の上げ方には答えがあります。

結局、優先順位と具体的なアナログなシステムを入れる事です。

なぜ、それを言うかは、劇的な数字好転をするので依頼者の方には教えています。

読者の方の人生のプラスを目的として書きます。

小野和彦を一言で言えば「日本一の売上高になった飲食企業の人づくりに関与した人間。

全て公開して行きます。登録は下記フォームより

 

  【無料】2ケ月で4.7倍になった!?飲食店の売上の上げ方
  お名前  *  ニックネーム可
  メールアドレス  *